【Google AdSense】要注意!ads.txtの警告が出たときの解決法

ブログ

Google AdSenseを初めて開いたときに、下記の警告が表示されました。

 

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

いきなりこんな警告が出たので戸惑いましたが、意外と簡単に解決できました。

今回は、同じように戸惑っている人のために解決法を紹介します。

 

作業時間は10分もかからないです!

 

エックスサーバーを使っている人向けになります

そもそもads.txtとは

ブログ初心者は「そもそもads.txtってなんなの?」って感じですよね。

調べてみたところ、公式ではこのように書かれていました。

 

(引用)

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

引用元:Ads.txt に関するガイド

 

難しい。。。

ざっくりですが、他の人がずるして自分のサイトの広告収益を横取り出来ないようにしますよ、ってことだと認識しました。。。汗

 

解決までの手順

ではどのように解決するかを書いていきます。

 

ads.txtをダウンロードする

Google AdSenseの画面の上のほうに警告が表示されているので、「今すぐ修正」をクリック。

 

すると下記のような画面が出てきます。
下のほうの「ダウンロード」をクリックし、「ads.txt」をダウンロードしましょう。

 

ads.txtファイルをダウンロードして、次の各サイトのルートレベルのドメインにアップロードしてください」とのことなので、次はダウンロードしたファイルを指定の場所にアップロードしていきます。

 

ads.txtをアップロードする

WordPressのサーバーにアップロードする必要があるので、

エックスサーバーのファイルマネージャーを使います。

 

ではまず、エックスサーバーの「インフォパネル」にログインしましょう。

ログインしたら「ご契約一覧」の「サーバー」にある「ファイル管理」をクリック。

 

ファイルマネージャーが出てきます。
自分のサイトのドメイン名のフォルダをクリック。

 

public_html」フォルダをクリック。

 

ここまでの操作をすると、
パスが「/ドメイン名/public_html/」になっていると思います。
ここにファイルを保存するので画面右側の「ファイルのアップロード」から、ダウンロードしておいた「ads.txt」ファイルをアップロードしましょう。

 

正しくできてるか確認する

さいごに正しくアップロードできたか確認します。

 

https://ドメイン名/ads.txt」をアドレスバーに入れて開いてみましょう。
※人によっては「http://~~~

 

するとads.txtの中身が表示されます。

google.com, pub- ~~~~」みたいな画面が出てきたらOKです。

 

ちがう画面が出てきたらどっかで手順を間違っているかもしれませんのでやり直しましょう。

 

以上で解決の手順は終わりです。

 

さっさとやっちゃいましょう!

どうやらads.txtファイルのアップロードは必須ではないみたいですが、

Googleが推奨しているのでやっといたほうがいいと思います。

 

広告収益が減るかもしれないですしね。

 

そんなに時間もかからないのでさっさとやっちゃいましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました